もの凄い地震(6)!!

今は、福島第一原子力発電所に世の中全ての目が向いているようだ

確かに、これは大変な問題だ、多分に日本の浮沈にかかわる重大事であろう

しかし、報道を聞くに連れ思うことは

長い間に、日本と言う国は一人一人の命を大切にし

それを維持するために幾重にもセフティーネットが張り巡らされ

このような重大事が発生した時、そのセフティーネットのために動きが取れないことだ

そして、そのために次々と行動が後手に回っていく

説明する原子力安全・保安院の職員は頭は良いが放射能が怖くって現場に近寄ってもいない

全てが見たり聞いたりしたことで判断し

多分こうなっているのだろうと予測だけで記者発表をする

本人たちもはっきり見たことのないことを説明しているのだから

記者たちがいくら詳細を求めても、政治判断と分からない現実と板挟みで

奥歯に物の挟まったような話しかできない

お前たち原子力安全・保安院の職員として、高い給料を貰っているのなら

こんな時こそ、現場に飛び込んで行って、多少の放射能を浴びながら

自分の目で耳で確かめて「こうなっています」と話してみろ

あぶないことは、下請か部下に任せて、他人事のように報告をする

水を入れれば済むことを、ヘリで水を持っていけば上がる放射能に自衛隊員が危ないとか

近くで作業すれば、何ミリシーベルトの放射能を浴びるからさせられないとか

そんなことを言っては、時間が過ぎていく

個人の命を大切にして、全ての国民の命を危機に曝す

近代国家は、こうなんだね~~

アラブの国ならば、後の家族の生活を保障してやると言えば

喜んで死地に赴く青少年が幾らもいる

こんな時、お国のために放射能の現場にホースを持って飛び込んで行く人は何万人もいるだろう

かって日本の国もそうであった

一体どれが正義なんだろうとつくづく思う

もし出来るなら、私の老骨をお国に差し上げても良いと思うが断られるだろう

こんなことを考えるのは私ぐらいなものか、難しい問題だ~~~~~~~~~~


被災した方々がおにぎり1個を四人で分け合っているのに、自分の充分な食事を掲載するのはあまりにも不謹慎なので、しばらくの間、食事の掲載は自粛いたします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック