久々のブログアップ!!

今年に入って、自分のゴルフについて語ることが少なくなった

石坂に身を寄せて、約半年、以前の東千葉と違い

毎週日曜日というと石坂のメンバー達が、入れ替わり立ち代わり車を出し合って

安いアクセス金額にて石坂に連れて行ってくれる

今日が29回目の日曜日であるが、その内お休みしたのが8回位ある

既に21回、週日行ったのが2回計23回石坂でゴルフしている

つくづく、これがメンバーのゴルフなんだと自分で思う

東千葉で我がゴルフ会十月会のメンバーと集まってゴルフしている時でも

日曜日年間20回から25回位だったと記憶している

我が人生で最もクラブライフを楽しんでいると言っても過言ではないだろう

今日も行けば、川口、星野、小松と言った連中が手ぐすね引いて待っていた

昔のように、朝から握りでワクワクする様なゴルフではない

年を取ると握りの好きなものと嫌いなものに分かれるようである

ここを紹介してくれた秋田氏は、何時も握り好きなグループに入ってゴルフする

その人達とは、私は一度もゴルフしたことがない

ゴルフを通じて目標としているところが違うのである

彼等は楽しい1日を過ごせれば良い、私達は、少しでもゴルフが上手くなりたい、そして、満足感のある1日を送りたいのである

是非は兎も角、スコアは上がって見れば対した違いはないだろうが

過程に大きな違いがあるので、多分やっても上手くいかない

そこいら辺をちゃんと意識して秋田さんが組み合わせている

楽しい人たちなので、食事時間や朝のティータイムの時には話に入れて貰うが、ゴルフはしない

私のゴルフ追求好きなことを知っている秋田さんは

そんな仲間と一緒に組み合わせてくれる

今日は、レギュラーティーだったので、6800㍎コースレート72.0と6200㍎コースレート69.4の間の6500㍎位の設定であった

此処の所の私のゴルフは、ほぼ完全にゴルフスウィングを把握している

ドライバーは230y、3W210y、7W190y、4I 180y、5I 170y、6I 160y、7I 150y、8I 140y、9I 130y、pw 110y、ps 95y、58° 80y、

これらを基本に短くしたりスウィングの大きさを変えたりして調節している

今日は、ドライバーが調子が良かった、左引っ掛けで左サイドのバンカーに2つ入れたのと右フケ気味に右バンカーに1つ入れたのを除いて

11/14フェアーウェイを捉えた

そして、その内の9/11を2onさせ、9つのバディーパットを打ったが

結果は惨憺たるもの50cmに付けたokバディーを除いて

8つの内の半分が3パット、5m以内の4ホールは悉く入れることが出来なかった

結果として、40-42=82という成績であったが
72歳、6500㍎で半分の9ホールをパーオンさせたことは

私のゴルフがある一線を超えたことを意味すると思う

私にとって、今後の課題がパットとショートゲームに移ったことは間違いない

今まで、散々スウィングにこだわってひたすら球数をうち続けて来た

それが最近、全く5ヤードのゴルフレンジに打ちに行かない

月に精々2回か3回である

ゴルフのスウィングを理解してしまったらそれを忘れないように時々チェックするだけだ

打っていても気が乗らない

ここから先は、アプローチとパットを磨く以外にスコアアップは望めない

知ってしまえば、ゴルフのスウィングなんてものは易しい

女子プロが、何回打ってもフェアーウェイ真中に打てるのが今は理解出来るのである

来週からやっとAクラスの月例会に出席出来る

6800㍎コースレート72.0である

この長さになって、この飛ばなくなった飛距離の中で

如何にクラブをコントロールしてパーonさせて行くか

色々、勉強しなければならないことは多かろうが

自分の目標であるエージシュートも6200㍎位では物足り無い

此れからが大変で楽しい時間である

80歳に向って、約300回前後のラウンドでエージシュートを見事達成したい~~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

にこ
2014年09月06日 03:10
自閉症のお孫さんの育児日記、ざっと読ませていただきました。

毎日テレビばかり見させてそれが子守りといえるのでしょうか。
いつかの記事に、1歳頃は視野も広くテレビ試聴も短かった、2歳頃からテレビ漬けの日々とありましたが、自閉症の原因もテレビ漬けの生活にあるのではないでしょうか…。
お孫さんの場合は知的障害も伴っているようなので一概には言えませんが、一度片岡直樹さんの著書を読んでみて下さい。

お孫さんはもう6歳越えられているので手遅れだと思いますが、テレビ漬けの生活を辞めることで自閉的傾向が収まっていく症例が紹介されています。

ブログを呼んでいて非常に心が痛みました。

この記事へのトラックバック