石坂GC日記 -夢のエージシュートへの歩み- 5

パターの打ち方も今日で最終回だ

長年家の居間にパターマットを敷いて

女房に煩い煩いと言われながら、ゴロゴロゴロゴロ転がして来た

昨日まで、何回やっても何時もと同じ穴のセンターから入って見たり

突拍子もなく右や左に外れて見たり

幾らやっても上手く打てない自分に呆れ返っていた

それが本日、同級生の友と八王子CCでセルフで廻って昼食バイキング付き13,500円を久し振りに同行した

冬のゴルフだ、グリーンはカチンカチン、然も先週の雪が未だに日陰は溶けていない

昨日も石坂GCでゴルフして疲れている

良い結果は出るはずもないと、でも友は大事にしなければ、と思い出かけて行った

八王子は矢張り東京より数段寒い、フェアウェイも日陰は凍っている

1時間ほど早く到着したので、大好きなパットを直ぐに転がし始めた

ここのグリーンはアンジュレーションも強いし芽も強い

下りの順目になると止まらない

その時、テークバックトップで一瞬停止して、その停止状態からボールを打ちに行った

何時もと違い、距離感も出るし、何せカップに一直線で向かう

早いも遅いも意のままだ

何だ何だ、これ迄にも何度かテークバックのトップで小休止を入れることを試したことが有る

それが非常に有効な手段だとは気がついていたが

切り返すトップから打つことを始める意識が、こんなにも正確なパットに繋がるとは理解していなかった

そのことを理解して居ないため、上手く行ったり行かなかったり

そうしては、又新たな方法へ切り替えることの繰り返しであった

この意識は、全てのショットにも繋がるようだ

小さめのテークバックから小休止を入れて、一気に打ちに行く

球の距離も伸びるし、第一方向性が良い

ドライバーはフェアウェイ真中、アイアンはピンを刺す

午前ハーフは、いきなり1番ホールロングをバーディ、2番ホールミドルをバーディ、3番ホールミドルをパー

3ホールを終えて2アンダーだ

次のロングのティーショットが雪の上だったのでリプレースしてドロップした

しかし、下が凍っていて其処から2オンを狙ったボールは右に飛び出し合えなくOB

ダブルボギーとなり、折角の貯金を吐き出した

その後の4ホールリズムを崩したと言うより、まだ分かっていないと言う方が正しいがショットが狂い始めてボギーを叩き

最後の413ヤードのミドルを3打目見事なアプローチでパーをセーブして40回で上がった

このアプローチもパットと同じ感覚だ

テークバックトップで小休止したあと、其処から打ちに行く

この感覚を身に付けると大概の処からは寄せることができる

多少3m位離れても、パットで入れ返すことが出来る

私は、この魔法のショットの感覚を二度と忘れないようにしたい

この技術だけで、これからどれ程の打数をセーブすることか

何より、これはシングルへの道だと思う

シングルさん以上プロに至るまで、彼等はこの感覚を身に付けてゴルフをしているのだろう

だから、あんな簡単にアプローチを寄せたり、長いパットを入れたりすることが出来るのだ

この宝物を大事に私の身体の中に抱え込み、二度と忘れることの無いように毎日反復練習をする

今日も30台目前まで行って、叶わなかった

これで今年3度目だが、何度か繰り返して、その内に30台を出して、その後当たり前に出るようになり

自然自然と70台も出る

最終的にエージシュートへ繋がる道なのだと確信している

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック