パッティング(5)!!

孫の子守のない日は頭の中はゴルフで一杯だ

そんな中で、朝からイキナリ携帯がなる

誰かと思ったが、登録のない番号で有る

「もしもし」と出ると来週月曜日に八王子CCで手合せするM本君だ

彼は小学校からの同級生で、外交官を務め各国の大使を歴任し

最後の前にヨルダン大使、そして最後にオーストラリア大使をして定年を迎え

天下りもせずに悠々自適の身となった

彼も八王子CCのメンバーで有る

「実は、Y岸君がぎっくり腰をやっちゃって月曜日三人でやってと言って来たんだけど、月曜日雨みたいだし寒いし来月にしない。」

大体、私のようにゴルフ好きもの以外は、この様に寒くなってくるとチョットしたことを原因に何とかキャンセルしたいと思い出す

約束したのは10月だから、その時にはこんな寒さは想定していなかった

こういうことはよく有ることだ

私も今月から石坂GCで毎週出来ることが確約されているので

無理に遠くの値段の高いキャディレスのゴルフ場へ行くこともない

「いいよ、いいよ。又、皆が都合良くなったらやろうよ。」と言ってキャンセルになった

そこで、直ぐにパターの練習だ

数日前掴んだパターの感触を少しでも忘れまいとちょっとした時間の合間もパターを離さない

しかし、昨晩孫の子守から帰って来てちょっと握ったんだが

もう、先日の感触がない、あれ、どうやって打ったけっ

それ程パターの感覚と云うのは表現も難しいし、本人も記憶にとどめることが難しい

私の記憶によれば、目標方向にスクエアに対峙して

対峙したら、目標を忘れる、距離感だけ記憶して

パター面の角度を90°に保って、真直に引いて真直に押し出す

インパクト時は手首は使わずヘッドが出る感じ、ここ大事、決してハンドファーストにならないこと

ヘッドファースト、だから、小さなパットもシッカリと打たなければならない

そしてもっとも大事なことは、目標方向を忘れること

今まで幾ら穴を見るなと言ってほんの少しでも見ている

そのほんの少しが打ちミスになる

しかし、穴を見ないと云うことは本当に心配だ

どうしても早く見たくなる

この両者の葛藤を克服するとボールは穴に向かって進み出す

怖いよね、穴を忘れるというのは……

真直に打つと云うのはこんなに怖いことだったのだ

いずれにしろ、一時イップスかと思わせるパッティングが出口に差し掛かっていることは事実だ~~~



朝食   ご飯1膳、スクランブルエッグ、南瓜と豆の甘煮、糸蒟蒻と牛蒡、人参のキンピラ、納豆、焼き海苔、大根の味噌汁、胡瓜と蕪の糠漬け、煎茶、リンゴ

昼食    フランスパン2切れピザパンクリームパン、スプラウトとキャベツとトマトのサラダ、牛乳、コーヒー

夕食    ホウトウ鍋2人前、酢ダコ、煎茶、ミニクリームパン、ミカン
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック