自閉症の孫娘の子守(187~189)!!

今週の火水木曜日と◯◯の子守が続いた

火曜日は女房と一緒に行ったが、女房働き過ぎて湯沸かし器を壊した

象印電気まほうびんの水が黒い粉見たいのが出ると言って

中をゴシゴシと洗ったのは良かったが

SWを入れてみると動かない、暫くするとお湯が湧き出した

よかった直ったと思ったが、今度は給水rockが外れないから湧いてもお湯が出て来ない

要するに、洗った時に正面の操作ボタンの部分が古くなり剥がれて隙間が空いていた

そこから、水が入って基板を濡らしてしまったのだろう

2日目は、私一人で◯◯のお守りに行った

もしかすると娘より先にアパートへ着く可能性があるからアパートの預かっているキイを持って行ってと女房の予備キイを持って行った

案の定、私の方が先についたので、そのキイを使って入ろうとキイを差し込んで見たが、丸で入らない

あれっおかしいなとそのキイをじっくり見てみると、それは我が家の金庫のキイでは無いか

しょうがない、車で待とうと戻って来た所にと娘と◯◯が帰って来たから長くは待たなかったが

歳を取ると毎日何かドジを踏んでいる

娘は直ぐにネットで電気まほうびんを注文したようだ

帰って来た◯◯は保育園で昼食を済ませ

母親の押すバギーですっかり眠っている

私は、母親が出かけた後、◯◯を寝させるのにバギーで外を散歩しなければならないのでアパートのキイは必要だったが

帰って来た◯◯が寝ているので散歩の必要が無くなった

直ぐにマットレスを引き床暖房を付けて◯◯の部屋に寝かせた

母親が2時半迄寝させてと言うので

昼食も終わっているし、◯◯は寝ているし、やることがない

此方も女房の作ってくれたサンドイッチを食べてお昼寝だ

昼間の子守は、◯◯が面倒をかける子では無いので傍にいてやるだけ

大変なのは行き帰りの車位なものだ

往復にいつもの倍くらいかかる

そして、今日は3日続きの最終日、午後4時迄に行き帰りは午後10時だ

◯◯は、ビデオを見ていていくつかのパターンがある

おねいさんと一緒のワンちゃんの縫いぐるみがスーパーワンと云う歌を歌う番組が大好きである

このワンちゃんのキャラが良く居るお姉キャラで実に仕草が面白い

縫いぐるみを着ていても、そのキャラが滲み出て来る

特にこのワンちゃんのスーパーワンが大好きで、その歌のビデオになると笑い転げる

本当に転がってわらうのだ

此方もそれを見ていて、一緒に吹き出してしまう

毎回よく笑えるなと思う位笑う

他のパターンで仲良し4人組が出てくるビデオが有る

一人一人が自己紹介をし、大きく手を広げてイエーイと声を上げるシーンでは

必ずと言って良いほど前後のスキップし最後に自分の顎にパンチを喰らわす

この時は決して喜んでいる風ではないが、何故か興奮する

しかし、繰り返し繰り返しそのシーンを見返すので有るから

好きなシーンの一つであることは確かだ

他にも、必ず右足をTV台の上に乗せて、丸で犬がオシッコするような格好で見るパターンもある

前後にスキップして、口を開けながら最後にTV台をバンバンと叩くパターンも有る

また、ビデオを早送り再生を繰り返しながら、その間に必ず左上を見る

そのため◯◯は左側に人が立たれるのが嫌いだ

そこに人がいくとどけッとばかりに左手で押し退ける

私も◯◯の所作を見続けながら、何か法則が有るだろうと色々探って見るのだが

その法則が見つからない

昨日などは、リンゴを食べて食べ終わっても空の皿の中を探る

「◯◯もう入ってないでしょ。」と言いながら

もしかして見えていない、いやそんな筈は無い、TVは確かに見ている

では、何で空の皿であるのが分からないのか

私には理解できないのである

こうして、ずーっと◯◯の見続けて必ず法則があると思い続けて見ているが

未だに何の法則も見つけることはできない

ゴルフの真直に打つ法則と一緒で

◯◯を10万回見続けないと理解できなのかも

その位生き続けなければならないようだ~~~



朝食 ご飯1膳、焼き魚鮭、人参と白滝の煮物、蒟蒻と牛蒡に煮物、梅干し、納豆、焼き海苔、ワカメと麩と韮の味噌汁、煎茶、胡瓜と大根の糠漬け、煎茶、リンゴとミカン

昼食 トースト1.5枚、イングリッシュマフィン半分、ソウセージ3本スプラウトとキャベツキューピーのドレッシング掛け、牛乳、ブルーベリーのジャム、コーヒー

夕食 ご飯1膳、焼き魚えぼ鯛、豚汁風味噌汁、ほうれん草とワカメのお浸し、煎茶、柿
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック