健康診断の結果!!

今日、健康診断の結果が郵送されてきた

内容を見てみると3ヶ所所見がある

毎年のことだから驚かないのは脂質の量だ

総コレステロール量が140-199の間でなければならないのに

私は208有った、しかし、昨年は228だったのが-20になっている

これに関しては、スポーツクラブでの運動量の増加が効果を上げた

HDLコレステロールは51で非常に良いのだが

LDLコレステロールの値が60-119なのに140も有る

このLDLの値は、色々ネットで調べると乳製品を多く撮り過ぎるてもいけないようである

また、トランス脂肪酸があげる原因とする意見もあった

このトランス脂肪酸というのは、マーガリン、マヨネーズ、ショートニング(食パンに使われる)などに多く使われている

そう考えると家の昼食はトランス脂肪酸オンパレードだ

毎日欠かさず取り続けている計算になる

何時も糖尿病の診断に使われる血糖値が昨年114だったのが、95まで下がっている

これもスポーツクラブでの運動が効を奏しているのだろう

しかし、昨年まで所見が無かった腎機能を診断するクレアチニンが昨年まで0.99だったのが、一気に1.13迄上昇してしまった

以下NETで調べた腎機能障害の可能性についてコピーして見た

「何らかの要因によって腎機能障害が発生している場合はクレアチニン血液検査の結果数値が高い数値を示すケースが多くあります。

 これは、腎臓の最大の働きである体内の老廃物や毒素を濾過する腎臓の調整機能に不備が生じている可能性を表します。

 体内を巡っている血液は、

●エネルギー代謝
●食事誘発性熱産代謝
●基礎代謝

 などの代謝活動によって代謝産物を生み出します。

 クレアチニンは、アミノ酸分子のクレアチンの代謝産物であり、主にクレアチンがエネルギー代謝(運動活動による代謝)が行われた際に発生する代謝産物です。
※クレアチニンはクレアチンの代謝産物

 腎臓は血液中の老廃物やクレアチニンなどのタンパク質代謝物は基本的に尿として体外へ排出する指令を出すように設定されております。

 しかし、腎臓や腎臓内の糸球体と呼ばれる濾過機能の働きが低下すると、老廃物の排泄が正しく機能しなくなり、結果腎臓内で老廃物も再吸収され体内を再度循環する事になります。

 この現象が継続すると体内のクレアチニン濃度が高くなり、検査結果の数値も高値を示すようになってくるのです。

~ポイントのまとめ~
★筋肉絶対量が多い男性は女性よりもクレアチニン数値が高いのが通常
★クレアチニンはクレアチンが燃焼した際に生じる代謝産物

腎機能低下とタンパク質の関係


 腎臓の機能を測定する血液検査には幾つかの検査があり、その中のひとつが血清クレアチニン検査です。

 クレアチニン検査の測定結果数値が一般的な正常範囲とされる範囲を超えて高くなっている場合は幾つかの疾患の可能性を検討していきます。

 そして検査で高い数値を示した場合にまず最初に検討されるのが腎機能の低下の可能性です。

★クレアチニン数値が「高い」=腎機能が「低下」の可能性あり

 腎機能障害、腎機能の低下現象の可能性が検討される疾患は以下のようなものがありましたね。

●腎臓病
●急性腎不全
●慢性腎不全
●脱水症状状態
●末端肥大症
●巨人症

 この流れはここまで解説してきたように、クレアチンの代謝産物であるクレアチニンが上手に尿から排出されていないことが原因にあります。

 腎機能がもし正常に機能していたのであれば血中に滞留するクレアチニン成分濃度が高くなることはないですよね。

 ですから、血液検査結果の数値が高い場合は病気の可能性はもちろん腎機能の衰退現象が何らかの要因によって既に始まっている可能性を検討していくことになるのです。

タンパク質を控えるべき理由について

 クレアチンは「アミノ酸分子」のひとつであり、タンパク質の構成成分のひとつでもあります。

 アミノ酸はクレアチン以外にもたくさんの分子があり、アミノ酸の代謝産物も同様にクレアチニン以外にもたくさんの代謝産物が存在します。

 もう少し詳しく流れをみるとクレアチンはクレアチンリン酸へ変化し、この過程を得て最終的にクレアチニンと呼ばれる代謝産物となり血中に残留します。

 ですから、最低限必要なレベルを保持できるように努め、逆に腎機能の改善が見られるまでは極力、摂取過剰にならないような食生活を徹底していくことが大切です。

~ポイントのまとめ~
★クレアチニン数値が高い場合、腎機能が低下している可能性がある(反比例すると覚えやすい)
★クレアチンの代謝はクレアチン(アミノ酸分子)⇒クレアチン燐酸⇒クレアチニンの順で代謝される
★タンパク質必要摂取量は1日あたり「体重×0.8グラム以上」が望ましい」

結局、私の結論として食べ過ぎだろう

確かに1年ほど前からご飯を2膳から1膳にした

自分では、対したものだ、凄い摂食だと思っていたが

オカズは何時も女房の分を半分取り、1.5倍だ

食後のデザートも全て7分目まで私が食べる

しゃぶしゃぶなどすると300gの肉の220g位は私が食べてしまう

女房があまり食べない、私が残すの嫌い、その上、女房は食べさせたがりやだ

この習慣を治すことが大事だ

残しても勿体無いと思わない、見て見ぬ振りをする

果たして私にそんなことが出来るだろうか

女房とゆっくり相談してみよう~~~



朝食    ご飯1膳、目玉焼き、牛蒡と蒟蒻の煮物、サツマイモと豆の甘煮、納豆、焼き海苔、ワカメと豆腐の味噌汁、胡瓜と大根の糠漬け、煎茶、リンゴ

昼食    イングリッシュマフィン、トースト1枚、ミートソーセージ、トウモロコシ、ミネステローネ、ブルーベリー入りヨーグルト、コーヒー

夕食     ご飯1膳、蓮の挟み揚げ5個、とろろ味噌汁、メカブの酢の物、煎茶、どら焼き
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック