自閉症の孫娘の子守(172)!!

昨日娘から女房に入ったメールによると

◯◯が階段から一人で降りて来るところを保育園で先生が見せてくれたと言うものだった

この保育園は、大変大きな保育園で、園児が200人位いる

普通だと有り得ないと言われるだろうが

保育園に入るといきなり階段で、2階が保育室になっている

200人もいて2階が保育室で危険はないのか

私も外から見ただけなので内部がどうなっているのかよく知らないのだが

何か理由が有って、この様な設計になったのだろう

先生方のご苦労は計り知れない

娘は、◯◯をバギーから降ろして2階まで抱っこして行く

この頃体重が重くなって大変だと言う

でも◯◯は平気だ

全然足に力を入れない

母親の姿を見ると当然抱いてくれると思うので隠れて見ていると

一人で手摺を伝って降りて来たと言う

まだまだ足元はおぼつかないので、誰か人がついていないと心配だが

一人で降りて来られることは間違いない

◯◯はただ怠けなのだ

確かに現在周りが何でもやってくれる

食べることから、衣服の着替え、排尿排便に至るまで全て誰かが介助する

彼女のやることはTVを見ることだけだ

でも、この怠けが一体何処から来るのか、本人何処まで意識があるのか

それを認知する術がない

チョットでも我々の言うことに反応してくれれば取り付く島もあるのだが

人間が言葉を得たところから、一気に進化は進み万物の霊長となった

これは真理である

言葉を形成できないということは、一歩も前に進まない

母親は、◯◯を何十年後に現れるかもしれない宇宙人と表現する

人間も何十年か後には、このように他人と没交渉になって

必要に時だけ、頭の中と頭の中の交信に依って会話し、後は自分の中に引き籠って生活する

そんな何十年後の人間かもと表現する

そんな娘に、私は
「何十年経っても女からおしゃべりを取り除くことなんて出来やしないよ。」と言った

しかし、そんな◯◯に対して本当に熱心にとりくでくださる保育園の先生方には頭が下がる

子供の教育というものは、他人に任せるのが良いのかもしれない~~~



朝食     豆腐入りお粥、五目キンピラ、サツマイモの甘煮、タラコ、胡瓜と蕪の古漬け、煎茶、リンゴ

昼食    トースト2枚、ソーセージキャベツミニトマト添え、ブルーベリー入りヨーグルト、コーヒー

夕食    鉄火丼(マグロ、中落ち、しめ鯖、帆立)、白菜の味噌汁、煎茶、甘泉庵の小倉餡力石
画像

女房は鉄火皿という、娘の所には丼がない、要するに和風のものは作らないし、洋風のものには皿で済む、女房は刺身を酢飯の上に乗せる丼が大好きだ、良く作るが、娘の所で作ると海鮮皿とか鉄火皿になる

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック