もの凄い地震!!

今日の地震は、凄かった

東京練馬は震度5弱というが、我がマンションは古いので倒壊するのでないかと心配した

それにしても、地震というものは怖いものだ

今の情報化社会では、その悲惨な状況を次から次へとテレビで流してくる

地震雷火事親父と昔から怖いものの順を言うが

テレビで流れる津波の恐ろしさはもの凄いものがある

始めて、映画などではなく津波の実況中継を見てびっくりした

地震津波34567が無くて雷火事親父だ

マグニチュード8.8気象庁観測史上NO.1ということだが

地球規模からみると単に太平洋プレートが小指ほど跳ねただけらしい

私も仕事の要請があって、運行管理の夜番をするべく家を出ようとした矢先である

ぐらと来たので、「地震だ」と軽く女房に言ったら

「あら、本当ね~~~。え~~大丈夫、玄関を開けなきゃ、大変、どうすればいい~~、どうしよう~~」

あわてて、扉だけは開けたがその後何をすればよいのか全然思い浮かばない

強い揺れが、ほぼ1分以上も続いたと思うが

2人で、玄関の扉の近くで「どうしよう。どうしよう。」と言って終わった

実際、起きてみると人間何もできないものだ

クライストチャーチでも、同じような思いをして若い前途有望な若者が多数亡くなったのだと思う

少なくとも、大きな地震が発生すると携帯電話は何の役に持たないということが分かった

3時から今7時半にもなるが1通話も繋がらない

娘たち孫たちの状況も心配で何十回電話とメールで発信しているが全然繋がらない

今回東京は、多分に命に別条ないと考えられるので明日でも繋がれば状況を把握できるが

もし、私たちか娘たちが仙台にでもいたらそのストレスたるは最大だろう

こういうときの対策を充分に考えて何もないときに決めておかないと

いざとなっては文明の利器は大して当てにならない

公衆電話だけは、一番通話が出来るように配慮されているようだ

テレカを必ずパスモかスイカと一緒に定期入れに入れて持ち歩こう

これだけでも一つ勉強になったが

相手が、自宅電話を持っていなければこれも通信が出来ない

地震災害用持ち出しリュックも、もう5年以上点検していない

来週にでも、女房とゆっくり点検し、次回には慌てふためかないようにしよう


朝食   ご飯2膳、焼き鯖、納豆、ハスの煮物、ワカメとブロッコリーの芽の味噌汁、お新香

昼食   トースト1枚、チーズ海苔餅、ゆで卵、牛乳、コーヒー

夕食   カレーライス、湯豆腐、ラッキョウ、デザート栗饅頭

画像


箸置き  串団子1対

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック